ブログ

猫背の弊害について

こんにちは!下妻鍼灸整骨院です!
今日は、猫背についての弊害について、すこしおはなししますねっ!

弊害その1 呼吸が浅くなる

猫背になると胸の部分(胸郭)が圧迫されます。
結果、呼吸の際に肺が十分膨らまなくなって、浅い呼吸になります。

酸素が十分に取り込めない状態ですから、血流が悪くなったり、冷え性、疲れれやすいといった不調が現れやすくなります。

弊害その2 内臓が下垂する

胃下垂って、ご存知ですかっ?

猫背の方に胃下垂は多い傾向にあります。
胃に限らず猫背になると、様々な内臓器官が、下に下がってくる傾向にあります。

これは、専門家しかしらないことですが、とくに腎臓が疲れて下垂してくると、腰の筋肉に負担がかかり、慢性的な腰痛がでることがあります。

もしあなたに腰痛がなかなか良くならない場合、
そこに原因があるかもしれませんね(>_<) 姿勢の悪さが、内蔵の働きを悪くしたり、なかなか良くならない腰痛の原因になっているって、知らいかたも多かったと思います。 そんなときは、当院スタッフにも、ご相談くださいねっ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

施術の動画

ブログ

エキテンランキング第一位

フェイスブック

ページ上部へ戻る