下妻整骨院しもつま鍼灸院

ブログ

下妻市にある接骨院の健康情報

logo2

ブログ担当、青山です。

本日は口コミで質問の多い整骨院『接骨院』とマッサージ院『指圧院』の違いについてお伝えします!!

整骨院『接骨院』で行うのは柔道整復術です。

はじめに柔道整復術とは?

柔道整復術とは?

「接骨院」「整骨院」で受けることが出来る治療法です。柔道整復術を行うには、国家資格である柔道整復師の免許が必要です。柔術を活用した治療法で、「ほねつぎ」「接骨」「柔整」などと呼ばれ日本独特の技術であり、外傷(ねんざ、打撲、脱臼、骨折、挫傷)に対してのみ施術できます。

下記の場合には、健康保険が適用されます。
・医師の同意がある骨折、脱臼の施術
・応急処置で行う骨折、脱臼の施術
・外部からの要因による、捻挫、打撲、挫傷
(例:スキーでの捻挫、自転車での転倒打撲、タンス移動による腰の痛み等)
ちなみに、下記は健康保険では治療できません。
・医師の同意がない骨折、脱臼の施術
・日常生活からくる疲労・肩こり、腰痛・体調不良等
・病気(神経痛・リウマチ・五十肩・関節炎・ヘルニア等)からくる痛みや凝り
・原因不明の違和感や痛み、以前に負傷し治った箇所が自然に痛み出したもの、交通事故の後遺症
・スポーツによる筋肉疲労や筋肉痛など
・外科や整形外科で治療を受けながら、柔道整復師に同じ痛みの場所の施術を受けること
健康保険が適用される場合は、自己負担は1〜3割(健康保険証に記載の割合)で、施術部位の数にもよりますが、施術時間は30分前後で、何百円レベルで受診できます。
※「接骨院」「整骨院」については、別項目でまとめますので、「柔道整復術」ではこの位にしておきます。

現在資格取得の為には、高校を卒業後、厚生労働省の許可した専門の養成所(3年間以上の修学)か文部科学省の許可した4年制の大学で解剖、生理学、運動、病理学、衛生学、公衆衛生学などの基礎科目と柔道整復理論、柔道整復実技、関係法規、外科学、リハビリテーション学などの臨床系の専門科目を履修します。
その後国家試験を受け、合格すると厚生労働大臣から免許の交付を受け、柔道整復師となります。

間違われやすい資格
・柔道整復師(国家資格)
・整体師(民間資格)
・カイロプラクティック師・カイロプラクター(民間資格)
・あん摩・マッサージ・指圧師(国家資格)→「あん摩マッサージ指圧師」で区切りは必要ありません

指圧『マッサージ』とは?

指圧とは?

指圧とは古くから伝わる治療法の1つであり、按摩をベースに柔道整復術やアメリカ発祥のカイロプラクティックやオステオパシーなど様々な手法を融合させた日本独自の伝統的な手技です。
薄い衣服の上から、身体の表面や筋肉の異常を手で探り当て、そのままツボを押すことで、気の流れを良くし、体の内部から症状の改善を図ります。治療は身体の中心部から末梢の方向へ遠心的に行います。

指圧治療により、気の性質を向上させ、心と体と精神が健全な状態に保つことが出来ます。
全身を心地よい力加減で指圧して、体を柔らかくしてからカイロプラクティックをするのが本当の指圧であり、ツボを抑えるだけが指圧ではありません。
“手当て”という言葉のとおり、終始手だけの治療です。
治療方法指圧師と言う国家資格があり、国家が認めている医療技術の1つでもあります。

現在では、海外においても「Shiatsu」と呼ばれており、世界中に普及しています。

整骨院、マッサージ院のご質問はいつでもよろしくお願いします!

hyakusen_bnr

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

施術の動画

ブログ

エキテンランキング第一位

フェイスブック

ページ上部へ戻る