スマホの方はタップで電話予約ができます。0296-54-6447

ブログ

下妻整骨院しもつま鍼灸院による腰痛対策

logo2

下妻整骨院しもつま鍼灸院による腰痛対策

腰痛が発生したら

「腰痛」が発生した時は、無理は禁物です。まずは、腰に負担がかからないように、できるだけ横になりましょう。ただし、この時に無理をしてはいけません。できるだけ自分がラクな姿勢をとり、痛みが少し治まってから横になってください。腰の筋肉はできるだけ使わないように注意しましょう。

急性的な腰痛の対策

「ぎっくり腰」などによって急に腰痛が発生したら、まずは腰に負担がかからない体勢をとりましょう。

すぐ横になれない場合は、しゃがんだり、壁や机などにもたれかかったりするだけでも腰への負担が減ります。少し休んで痛みが軽くなってから、病院へ行くか、ゆっくり休める場所へ移動しましょう。

また、「急性的な腰痛」の対策として、以下のことを試してみましょう。

まずは「横に」なってラクな姿勢をとりましょう。

痛みがある時は、横向きになり、やや前かがみでひざを曲げて寝ると良いといわれています。仰向けに寝る場合は、ひざの下にクッションなどを入れると腰の負担が軽くなります。また、「腰椎椎間板ヘルニア」などの痛みは、低めの台に足をのせると軽減できます。

心因性の腰痛

物理的な負担のみで起こるものではありま
せん。近年、肩こりや腰痛を発生させうる重要な要因として、心
の問題が話題となっています。
国内の研究では、“仕事の量や質”、“職場での対人関係ストレ
ス”、労働者が感じる“働き甲斐”や“裁量権”などが、身体的
な痛み症状となって現れるといった報告が発表されています。
また、脳科学研究の分野では、いわゆるストレスが「脳機能の不
具合」を引き起こし、痛みを長引かせる(慢性化させる)という
ことがわかっています。

 

腰痛についてお悩みの方は下妻整骨院までお問い合わせください

koutuujiko_bnr02

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

施術の動画

ブログ

エキテンランキング第一位

フェイスブック

ページ上部へ戻る