営業時間:平日9:00~19:30 土曜9:00~17:00受付
定休日:日曜

下妻店 TEL: 0296-54-6447

肩の夜間痛

21.10.10
Pocket

こんにちは。下妻鍼灸整骨院のブログ担当、寺崎です。

今日は肩が痛くて夜眠れないという方に、対処法をお知らせいたします。

整形外科で『四十肩』とか『五十肩』とか言われた方もいらっしゃるかもしれません。正確には『肩関節周囲炎』と言います。文字通り、肩関節の周囲の組織が炎症を起こして、肩関節の動きが悪くなった状態を指します。

なぜ、夜に肩の痛みが出るのか?

それは、私達の身体は楕円形のような形をしていて、腕は肩関節や肩甲骨と繋がっています。

肩甲骨は身体の曲線に沿って少し角度がついています。

そのため、平らな床に仰向けで寝ると、重力によって方の位置が押し下げられ関節に負担がかかるのです。

四十肩、五十肩の方にとっては収縮している筋が引き伸ばされたり、力が加わったりして痛みの原因となるのです。

 

次に夜間痛の対処法のご説明をいたします。

1、仰向けの場合

痛みのある肩の側の腕の下に、バスタオルか大きめの枕を置き、肩の高さを補う方法があります。

肩の後ろから肘にかけて、バスタオルか大きめの枕を置いて、腕を支えます。

 

2、横向きに寝る場合

痛い方の肩を上に、痛くない方の肩を下にして横向きに眠ります。

横向きになる時は、肩の高さを補うため、抱き枕や、丸めた毛布を使うと良いでしょう。

また、肩の夜間痛の原因は『四十肩』、『五十肩』だけでは無く、腕を挙げる時に肩の前の方がジョリジョリ音がする場合などは『腱板損傷』もしくは『腱板断裂』の可能性もありますのでレントゲン、MRI検査をお勧めします。

 

 

関連記事

問い合わせ
茨城県下妻市下妻整骨院しもつま鍼灸院に問い合わせ 茨城県下妻市下妻整骨院しもつま鍼灸院に問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせはもちろん無料です。
茨城県下妻市以外の方もお気軽にお問合せください。
つらい思いを抱えずに、お気軽にご相談ください。