営業時間:平日9:00~19:30 土曜9:00~17:00受付
定休日:日曜

下妻店 TEL: 0296-54-6447

好転反応

21.12.12
Pocket

こんにちは。下妻整骨院しもつま鍼灸院、ブログ担当寺崎です。

鍼治療、マッサージなどの治療を受けた翌日、身体にだるさ、痛み、疲れ、発熱などの症状がでる方がいます。

これらは好転反応といいます。厚生労働省は科学的根拠は無いと発表しています。ですが、東洋医学では、昔からこのような症状が出ると考えられています。

好転反応には以下の4段階があると言われています。

 

第1段階 弛緩反応

身体の機能や自律神経がアンバランスな状態からバランスのとれた状態に戻ろうとしている時期になります。

症状

だるい、眠い、倦怠感。

 

第2段階 過敏反応

慢性的に不調だった身体の機能が覚醒し、急性の状態に戻ります。

最も悪い状態の反応が出て、それが治ると、次に具合の悪い部分の反応が出ます。

そのため、具合の悪いところや痛みが移動しているように感じられます。

症状

便秘、下痢、痛み、腫れ、発汗。

 

第3段階 排泄反応

老廃物、疲労物質の分解、排泄が活発化して行きます。

症状

吹き出物、発疹、肌荒れ、目ヤニ、尿の色が濃くなる。

 

第4段階 回復反応

滞った血流が流れ出し、汚れた血液が体内を巡ります。

血流が改善して新陳代謝が進む時期になります。

症状

発熱、痛み、吐き気、腹痛、動悸。

 

 

以上の反応の対処法です。

○ 水分をたくさんとって排泄を促しましょう。

○ 温かいお湯に浸かりましょう。

○ 横になって安静になりましょう。

 

治療後に、上記のような症状が出た場合ご参考にして下さい。

 

 

 

 

 

関連記事

問い合わせ
茨城県下妻市下妻整骨院しもつま鍼灸院に問い合わせ 茨城県下妻市下妻整骨院しもつま鍼灸院に問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせはもちろん無料です。
茨城県下妻市以外の方もお気軽にお問合せください。
つらい思いを抱えずに、お気軽にご相談ください。