下妻整骨院しもつま鍼灸院

ブログ

下妻市 鍼灸院 鍼灸の歴史

logo2

ブログ担当、青山です。

本日は鍼灸の歴史についてお伝えします!

まずは鍼から

鍼の歴史鍼の歴史

鍼治療は、中国で発達した治療法です。
その歴史は、古代中国の春秋戦国時代(紀元前8〜3世紀)ともそれ以前とも言われていますが、明らかではありません。
日本に伝わってきたのは5〜6世紀頃とされています。
千年以上、日本の医療の主流を占めていた鍼治療ですが、明治に入り政府が西洋医学を正統な医学として認め、医療制度もこれに従って制定した事により、今日のこのような特殊な職業となっています。

次は灸です!

灸の歴史

灸の歴史

お灸は約三千年前、中国の揚子江に発祥しました。
以来、現代まで継承されてきたのです。

日本へ伝ったのは、さかのぼること約千二百年前(平安朝の頃)。
仏教伝来士によりもたらされました。

最後に中国鍼と日本鍼の違い

中国鍼と日本鍼の違い

一般的に中国鍼はやや太く痛いがよく効く、一方で日本鍼は細くて刺激が弱くあまり痛くないというイメージをもたれがちですが、これは誤解されたイメージです。

中国の鍼治療では、細い鍼を使用する場合もよくあり、美容鍼と呼ばれている鍼は非常に細いです。

一番重要なのは、治療に対する双方の考え方の違いです。
日本の鍼灸は法的にも社会文化的にも医療の補助、あるいは民間療法的な色彩が強いというのが大多数の意見だと思います。
それに対して、中国鍼治療は治療的効果を第一に考える「医療としての治療」が行われてきました。古代から漢方薬と共に医療の一分野を担ってきた歴史があり、現代の中国でも西洋医学と共に人々の健康を担う大きな役目を果たしています。

鍼灸治療の最も重要な作用は『疾病ではなく、患者を治療対象としており、鍼灸などで刺激してツボに働きかけ、体の自然治癒力を目覚めさせて回復させる点』であり、いわば予防医学とも言われています

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

施術の動画

ブログ

エキテンランキング第一位

フェイスブック

ページ上部へ戻る