営業時間:平日9:00~19:30 土曜9:00~17:00受付
定休日:日曜

下妻店 TEL: 0296-54-6447

スマホ首とストレートネック

21.10.18
Pocket

こんにちは。下妻接骨院のブログ担当寺崎です。

 

今回は最近よく聞くスマホ首についてお伝え致します。

 

スマホ首とストレートネック。どちらも聞くことがあるかもしれません。ほぼ同じものと考えて良さそうです。

 

ストレートネックは首の骨が真っ直ぐに近い状態で並ぶことを言います。

 

人間の首の骨(頸椎)は7つの椎体で構成されています。本来は緩やかに前弯しています。その前弯のアーチ構造で頭の重さを支えています。

 

1,スマホ首(ストレートネック)の原因

・スマホの見過ぎ

頸椎のアーチがしっかりしている場合は、首にかかる負荷は4キロから6キロとされています。

しかし、顔を30度前に傾けた場合、首にかかる負荷は18キロになります。

頭の前傾姿勢が持続されると、頭の筋肉が緊張し、硬くなった筋肉が頸椎を引っ張り、首の骨の並びが真っ直ぐになってしまいます。

 

・視力低下

パソコンやスマホの画面を見るとき、視力低下すると、より画面に顔を近づけてしまいます。その姿勢もスマホ首、ストレートネックの原因となります。

 

・骨盤の後傾

長時間のデスクワークで骨盤が後傾すると、顔が前へ前へと突き出して行きます。その結果、ストレートネックになります。

 

2、スマホ首(ストレートネック)の症状

 

・首こり、肩こり

・頭痛

・自立神経のバランスを崩す

頭痛はストレートネックによる首や肩の筋緊張により血管を圧迫し、血流量を減少させ、緊張型頭痛、片頭痛を起こします。

首の筋緊張は自立神経に影響するとのことてす。自立神経失調症、パニック障害、鬱などを発症させます。

 

3、スマホ首(ストレートネック)の予防法

 

・スマホを使用時の正しい姿勢

椅子に座ります。

足の付根に手を置いて、胸を張ります。

この姿勢のまま画面を目線の高さにします。

 

・パソコン使用時の正しい姿勢

椅子に深く腰掛けます。

足裏全体を床につけます。

ディスプレイを目線は同じ高さにします。またはややディスプレイを下に見ます。40センチ以上距離を空けます。

背筋を伸ばし、肘関節は90度以上になるように肩に力の入らないポジションを探して下さい。

 

・1時間に一度休憩をとって、窓の外の風景を眺めると目の疲れを和らげます。

 

・ベットで横になってスマホを見ると、長時間みることで、片方の目が鼻側に寄る『急性内斜視』になりやすくなります。失明につながる恐れがありますので、ベットで横になってスマホを見るのは止めましょう。

 

現代人はスマホやパソコンを見る時間が長くなっています。スマホ首、ストレートネックのリスクは増大してます。

当接骨院では、首や肩の筋緊張を緩めるために、鍼やストレッチなどを施しております。

実際に症状のある方は、お気軽にご相談下さいませ。

 

 

関連記事

問い合わせ
茨城県下妻市下妻整骨院しもつま鍼灸院に問い合わせ 茨城県下妻市下妻整骨院しもつま鍼灸院に問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせはもちろん無料です。
茨城県下妻市以外の方もお気軽にお問合せください。
つらい思いを抱えずに、お気軽にご相談ください。