営業時間:平日9:00~19:30 土曜9:00~17:00受付
定休日:日曜

下妻店 TEL: 0296-54-6447

天気痛

21.12.19
Pocket

寒くなってきましたね。皆様、いかがお過ごしですか?

下妻整骨院しもつま鍼灸院ブログ担当の寺崎です。

 

雨の日が近づくと頭痛が起こったり、節々が痛くなったり、体調が崩れるなあと感じるときはありませんか?

天気の変化とともに体調が崩れ痛みを感じることを「天気痛」といいます。「天気痛」は気圧の変化が原因といわれています。

実は天気痛は、まだ完全にメカニズムが解明されているわけではありません。しかし、気圧の変動がかかわっていると考えられています。

 

台風、豪雨など低気圧がやってくると、気圧は大きく変動します。人間は、その変化を感じるセンサーが耳の奥にある内耳という部分にあります。内耳が急激な天気の変化(気圧の低下)を感じとると、自律神経のバランスを乱します。

自律神経は交感神経(体を緊張させる神経)と副交感神経(体をリラックスさせる神経)から成り立っています。

交感神経が活発になりすぎると痛みの神経が刺激され、頭痛、古傷の痛みを強く感じます。逆に、副交感神経が活発になりすぎると、倦怠感、気分の落込みを感じます。

天気痛を軽減するには、天気痛を起こしにくい体質に改善することが大切になります。

 

1 天気痛を起こしにくくする体質をめざす習慣

 

❶ 早寝早起きをする。・・・・・寝る1時間前から部屋の照明を落としましょう。できれば午後10時までには就寝をお勧めします。

❷ 寝る1時間前からスマホの使用をひかえる。

❸ 起床後10分ほど日光浴する。

❹ 食事は1日3食。・・・・・・朝食を抜く健康法もありますが、天気痛には朝食は抜かないほうが良いようです。

 

2 天気痛を起こしにくくする食事

 

❶ ビタミンB群・・・・・・・・豚肉、枝豆、うなぎ、など

自律神経を整え、痛みをやわらげます。

❷ 亜鉛・・・・・・・・・・・牡蛎、ゴマ、アーモンド、など

体と心の働きを正常に保ちます。

❸ マグネシウム・・・・・・・シラス、アサリ、納豆、干しエビ、

ゴマ、アーモンド、バナナなど

体と心の働きを正常に保ちます。

❹ 鉄・・・・・・・・・・・・レバー、ほうれん草、アサリ、など

貧血による天気痛の発症を抑えます。

 

以上です。また天気痛の予防にマッサージも効果があるようです。

天気の急変で痛みを感じてお悩みの方は、是非当整骨院へご相談ください。

関連記事

問い合わせ
茨城県下妻市下妻整骨院しもつま鍼灸院に問い合わせ 茨城県下妻市下妻整骨院しもつま鍼灸院に問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせはもちろん無料です。
茨城県下妻市以外の方もお気軽にお問合せください。
つらい思いを抱えずに、お気軽にご相談ください。