下妻整骨院しもつま鍼灸院

ブログ

下妻市 整体院 膝の痛み

logo2

ブログ担当、青山です。

本日は膝の痛み(オスグッド)についてお伝えします!

下記のようなお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度、ご相談ください。

  • 運動時に強い痛みを発症する
  • 膝の下部(脛骨粗面)に腫れがみられる
  • 膝の下部(脛骨粗面)に熱感がみられる

オスグットとは?

サッカーやバスケットボールなどのスポーツをする中学生や高校生に多く見られます。膝の脛骨が出っ張って痛むという骨軟骨炎のことです。

正式名称はオスグットシュラッター病と言います。
ロバートベイリーオスグットというアメリカ整形外科医と カールシュラッター(スイスの外科医)の2人の医師が、 1903年にこのひざの問題を解説したということで その名をとって名づけられました。
成長期の子供に多いので、「成長痛」「学生病」などとも言われます。

オスグットの痛みの原因

1.大腿四頭筋の疲労によるもの

大腿四頭筋という太ももの前面にある筋肉は、膝蓋靭帯を介して、スネの骨に止まっています。自律神経の緊張に加えて、スポーツでのオーバーワークで、大腿四頭筋が止まっている場所に炎症を起こし、痛みとなります。

オスグットの痛みの原因

2.対処法のミスによって悪化したオスグット

「オスグットは成長が終わるまではだましだましやるしかない」
そういうあやまった認識によって、痛いのに動作する、アイシングするなどの対処の悪さのために慢性化します。

3.体の冷え、ストレスによる自律神経の緊張

筋肉の緊張は、単純な肉体的な疲労によるものだけではありません。 慢性痛の原因として、代表的なものは、「冷え」と「ストレス」です。 現代人の9割は冷えているといわれています。 エアコンなどの普及で夏場でも急激な温度差があり、特に子供さんは、冬場でも非常に冷たい飲み物をとったり、入浴をせずにシャワーですますというように冷える環境になっています。
これらに加え、競技に関するプレッシャーや、日常のストレスによって、 自律神経の交感神経が優位になり、寝ている間も緊張がとれず、全身の筋肉が緊張した状態になっている方が非常に多いです。
このような条件下で、日々激しい運動をおこなうことによって、体の比較的弱い部分に症状があらわれます。

hyakusen_bnr

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

施術の動画

ブログ

エキテンランキング第一位

フェイスブック

ページ上部へ戻る